HSPって本当はキャパが狭いキャパが小さいんじゃなくてキャパが広い!

キャパシティが狭い人の対処法のサムネイル

このブログはこんな人が書いています。

SoRaの中の人の自己紹介画像

もっと詳しいプロフィールはこちら

HSPの僕が行っているカウンセリングはこちら

自分の器って小さいなぁ

キャパが狭いなぁ

こんなふうに自分を評価していることはありませんか?

冒頭の自己紹介にあるように、僕は強度のHSPです。

HSPの人は、感受性が豊かなので、いろんな情報や刺激を受け取ってしまいます。
その結果、すぐにキャパオーバー(いっぱいいっぱい、余裕がない)になりやすい傾向にあります。

※もちろん、キャパオーバーになるのはHSPの人だけではありません。
 HSPではなくても、自分のキャパシティに悩んでいる人はたくさんいるでしょう。

そして、そんなキャパオーバーになった自分に対して

みんなできてる事なのに、なんで自分はできないんだろう…

自分は、何故すぐにキャパオーバーになるんだろう…

このように感じて、一人反省会をすることも多いのではないでしょうか?

僕も、毎日のように一人反省会して、キャパが狭い自分をずっと責めてきました。

一人反省会で、どんどん自分が嫌いになるという方は、こちらも併せてご覧ください。

でも

実はHSPって
キャパが狭くないのかも?

ということに気づいてから、気持ちがとても楽になりました。

そして
実はキャパオーバーになりやすいということは、長所でもあると気づきました。

そこで今回は

  • HSPとキャパオーバーの関係について
  • キャパが狭い・キャパが小さいことが長所である理由

この2つについて解説ていきたいと思います。

「自分はHSPではない」という人にも参考になるかと思いますので、最後までお付き合いいただけると幸いです!

目次

1.HSPとは人よりも刺激に敏感で感受性と思考力に優れた人たちのこと

近年、「HSP」「繊細さん」という言葉が流行り、知っている方も多いと思いますが

言葉は知ってるけど、よく分からない

という方の為に

  • HSPとはどのようなモノなのか
  • HSPはどんな人のことなのか

これらを解説していきます。

HSPとは、「Hightry Sensitive Person」(ハイリー センシティブ パーソン) の略で、日本語では「ひといちばい敏感な人」と訳されます。

HSPを提唱したエレイン・N・アーロン博士は、著書の中で

人口の15~20%を占め、遺伝子的に、些細なことに敏感
内的な経験を深く考える傾向にあり
そのために必然的に、外の出来事に圧倒されやすい
神経システムをもって生まれてきた人のことです』

著書:「The Hightry Sensitive Person in Love」より

と言っています。

①HSPの4つの特徴DOSE

先ほどのアーロン博士の著書の中に出てきた

  • 些細なことに敏感
  • 深く考える傾向
  • 外の出来事に圧倒されやすい

という特徴を、4つにまとめたものが、前述した「DOSE」とよばれる特徴です。

:Depth of processing ………………………………………………… (情報を)深く処理する
:being easily Overstimulated  …………………………………… 過剰に刺激を受けやすい
:being both Emotionally reactive generally and having high Empathy in particular
 …………………………………………………  全体的に感情の反応が強く、特に共感力が高い
:being aware of Subtle Stimuli …………………………………… ささいな刺激を察知する

基本的には、この「DOSE」の4つすべてが該当しないと「HSP」ではない!と言われています。

2.キャパオーバーとはどんな状態? ―あふれるコップと注ぐ水の関係性—

そもそも「キャパオーバー」とは、具体的にどんな状態でしょうか?

また、キャパオーバーになる人は、本当にキャパが狭い人なのでしょうか?

図を使いながら詳しく解説していきます。

まずは

  • 情報を「水」
  • 自分のキャパを「コップ」= 情報を受け取れる器の大きさ

と考えてみてください

こんな感じのイメージ

キャパオーバーとは、下の絵のように水(情報)が、コップ(キャパ)入ってき過ぎた(あふれた)状態です。

水が入り過ぎてあふれたコップが「キャパオーバー」

このキャパオーバーを起こしている「コップから水があふれた」状態は、コップが小さい(キャパが小さい・狭い)から起こると考えていませんか?

実は、キャパオーバーが起きる状態というのは、「コップが小さいから起きる」という理由だけではありません。

人がキャパオーバーになるには、2つのパターンがあります。

それぞれ紹介していきます。

①人がキャパオーバーになる2つのパターン

人が情報を受け取る時は、次の4つのパターンがあります。

  1. 情報は少ないけど、キャパも小さい
  2. 情報が少なくて、キャパが大きい
  3. 情報が多いけど、キャパも大きい
  4. 情報が多いのに、キャパが小さい

下に、図を載せておきますので、参考にしてください。

では、この4つのパターンの中で、「キャパオーバー」といわれる状態について、見てみましょう。

キャパオーバーになるのは

  1. 情報は少ないけど、キャパも小さい
  2. 情報が少なくて、キャパが大きい
  3. 情報が多いけど、キャパも大きい
  4. 情報が多いのに、キャパが小さい

この2パターンです

この「キャパオーバーする2つのパターン」について、もう少し詳しく説明していきます。

1)情報は少ないけどキャパも小さい

ったコップといっぱいまで水が入ったのコップを比較したイラスト

まずは「情報は少ないけど、キャパも小さい」パターンについて説明します。

蛇口から出てくる水が少なくても、コップが小さければ、水はあふれます。
また、蛇口から出てくる水の量が少なくても、時間をかければコップの水を一杯にすることができます。

同じように、情報が少なかったとしても、自分のキャパが小さければ、すぐに限界を迎えてしまいます。

ほとんどの人は、情報の量に注目をせずに、この「コップが小さい」=「自分のキャパが小さい」ということだけに、注目をしているのではないでしょうか?

2)情報が多いのにキャパが小さい

半分の水が入ったコップといっぱいまで水が入ったのコップを比較したイラスト

もう1つのキャパオーバーのパターンは、「情報が多いのに、キャパが小さい」場合です。

蛇口から勢いよく水を出せば、小さいコップであれば、すぐに一杯になってしまいます。

たくさんの情報があれば、当たり前ではありますが、自分のキャパが小さければ、すぐにキャパオーバーになります。

しかし、この場合は、もしキャパが大きかったとしても、キャパオーバーになるのは時間の問題でしょう。

あまりに多い情報は、自分で受け取る情報量をコントロールしていく必要があります。

②キャパオーバーには時間も関係している

  1. 情報は少ないけど、キャパも小さい
  2. 情報が少なくて、キャパが大きい
  3. 情報が多いけど、キャパも大きい
  4. 情報が多いのに、キャパが小さい

キャパ情報の関係性は、前述した以上の4つのパターンですが、これらに関係深い要素があります。

それは「時間」です。

前述しましたが、蛇口から出る水が多い場合でも、反対に少ない場合でも、時間をかければコップを水で溢れさせることができますね。

また、コップも同様に、コップが大きくても小さくても、時間をかければ、蛇口から出てくる水の量に関係なく、水はコップいっぱいになります。

つまり、情報量や自分のキャパの大きさに関係なく、時間をかければキャパオーバーになることがあるということです。

例えば、「たいしたことない」と思っていたストレスも、長時間浴び続ければ、いずれ爆発してしまうでしょう。
これと同じように、少ない情報だからといっても、長い時間をかければ、キャパオーバーになることもあります。

キャパオーバーしたと感じた時は、どれくらいの期間、その情報に触れていたかの評価をすると、「自分のキャパが小さい」という思い込みに気がつけるかもしれませんね。

③HSPがキャパオーバーになりやすいのは受け取る情報量が多いから

私は、人より頑張れないダメな奴だ

あの人は、私より頑張ってるのに…
私は、すぐにいっぱいいっぱいになっちゃう

このように悩み落ち込む人は

  • 情報量が少ないけど、キャパも小さい」
  • 「情報が多いのに、キャパが小さい」

この2つに共通する「キャパが小さい自分」しか想定してないんです。

これしか想定していない…つまり「自分はキャパが小さい」と思い込むことで、悩んでしまっていることが多いんです。

実はあなたも、人よりキャパが大きいけど、受け取る情報量が人一倍多いのかもしれません。

一度、自分が受け取る情報量について、客観的に振り返ってみるのもいいかもしれないですね。

④HSPがキャパオーバーになる隠れたもう1つのパターン

HSPの場合、少ない情報からでも、たくさんの情報を受け取り、頭の中で情報処理をしています。
そのため、いくらキャパが大きかったとしても「キャパオーバーになりやすい」という特徴があります。

例えば、お風呂の蛇口をしっかり閉めていなくて、翌朝見たら浴槽に水が溜まっていた!という経験はないでしょうか?

少ない水でも時間をかければ、浴槽いっぱいに水は溜まります。

繰り返しになりますが、HSPには、DOSEという4つの特徴があります。

:Depth of processing      … (情報を)深く処理する
:being easily Overstimulated   … 過剰に刺激を受けやすい
:being both Emotionally reactive generally and having high Empathy in particular
                  … 全体的に感情の反応が強く、特に共感力が高い
:being aware of Subtle Stimuli  … ささいな刺激を察知する

HSPの人(もしくはこの特徴に近い人)は、HSPではない人と比べて、小さな情報からでも、たくさんの刺激(情報)を受け取ることができる傾向にあります。

水の量が少なくてコップが大きかったとしても
時間をかけてたくさん貯めれば水はあふれる

HSPのであれば、思い当たるかもしれませんが、人の機嫌を敏感に感じ取るのではないでしょうか?

例えば、他の人が気がつかないような「些細な表情」や「声のトーン」、「歩く足音」などの変化で

あ…。絶対この人、今日機嫌悪いわ…。

と、気がつく機会が多いでしょう。

HSPの人にとっては、これが「日常」です。

このように、少ない情報から、多くの情報を受け取って処理して、行動に移しています。

「日常」だからこそ、少ない情報から多くの情報を受け取る機会が多すぎて、キャパオーバーになってしまうというわけですね。

3.HSPにとってのキャパが狭いキャパが小さいは弱みではなく強み

すぐキャパオーバーになってしまう所は、自分の弱点・弱みと感じているかもしれません

でも
HSPの人は、人が受け取らない・気づかない情報を察知して、その情報に対してよく考えています

だから
すぐにキャパオーバーになってしまうんです。
(情報をよく考えるという意味では「すぐ」ではないですが)

でも

  • 些細な情報も見逃さずに気づけることができる
  • 小さい情報を深堀できる

これって、すごい長所・強みではないでしょうか?

人への気配りや配慮は、気が付けなければできません。
小さい情報が、相手にとってどんな影響があるのか深堀できなければ、気配りや配慮はできません。

自分のキャパの狭さ・器の小ささに悩んだ時は

ドヤッ

人が気づかない所に気付けてて
それに対して深く考えられている証拠だね!

と考えてみて、自分の長所として自信を持っても良いんです。

長所と短所は表裏一体です。
自分の短所を見つけたら、見方や視点を変えることで、このように新しい自分の良い所・長所を見つけることができます。

短所と長所については、こんな記事も書いていますので、こちらも併せて読んでみてください

4.HSPはキャパが狭いのではなく実はキャパが広い!

今、僕は看護師をしつつ、カウンセリングもしています。

カウンセリングをしていると、次のような悩みをよく聞きます。

私は、他の人より頑張れないダメな奴だ

あの人は、もっと頑張ってるのに、すぐにいっぱいいっぱいになっちゃう

周りの人たちの中には

「人と比べる必要なんてないよ」
「十分頑張ってるよ」

と、励ましてくれる人もいます。

でも、励ましてくれる人がいたとしても、「自分は、全然頑張れていない」と、ネガティブな気持ちになることもあります。

僕は、こんな感じでしたが、落ち込みやすくなっていたり、自分に自信がない時って、みなさん

このように、HSPの人は、深く考え込み、小さな情報にもたくさん気づいて、それに対して丁寧に対応しています。

そこまでできるHSPの人のキャパは、人より広いと思いませんか?

5.HSPか非HSPかは重要ではない

少し余談になりますが、SNSなどを見ていると、よく自分や相手に対して「HSPか?非HSPか?」を議論している所を見かけます。

個人的には

HSPかHSPではないかは、「正直どちらでもいい」

と思っています。

これは、批判的な意味での「どちらでもいい」ということではありません。

その人自身が感じる「生きづらさ」が、HSPという考え方に出会って、楽に生きていけるようになることが大切。
「HSPかどうか」にこだわる必要はないし、他人がとやかく言う必要もないと思うんです。

僕は、アーロン博士の著書を読んで、この概念を提唱した目的は、「生きづらい人たちが、少しでも楽に生きていけるように、この考えを広めていきたい」というものではないかと解釈しています。

「HSP」という概念は、グループ分けをするためではなく、自分の特性を知って楽な生き方の対策を立てていくツールにするのが良いと思っています。

6.まとめ

HSPの人たちは、深く考えすぎてしまい、長所を短所と捉えてしまうことがあります。

決して、キャパが小さいわけではないのに、「キャパオーバーになった」という事実だけを見て、自分のキャパが小さい・狭いと考えてしまいます。

HSPだからこそ、1つの事実を深く考えて、その中から自分の長所を探すように意識すれば、少し今までよりも「生きやすい」と感じられるようになるのではないでしょうか。

この記事が今悩んでいる人にとって、少しでも救いになればと思っています。

ポチっと応援よろしくお願いします!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

SoRaでは、介護に困っているご家族へのサポート大切な人を亡くされた方の心のケア看護学生向けのオンライン・オフラインでの家庭教師人間関係に悩んでいる人・仕事での愚痴や不満・日々の不安など生活の中での悩み相談を行っています。

何かお困りごとがありましたら、遠慮なくご相談ください。

各サービスのご予約はこちら⇩

お問い合わせはこちら⇩

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントいただけると嬉しいです

コメントする

CAPTCHA


目次